TACT REPORT

TACT’S REPORT「新入社員奮闘記 送出担当編」

私が所属するマスターは「放送局の心臓部」と言われるくらい大切な場所です!
主な業務として、

・24時間365日続く放送の組み立てとその品質管理、OA監視業務
・速報や報道特別番組などで、日本の一大事を全国に知らせる
・放送を成立させている機械たちの保守作業

などを行っており、スカイツリーに送る直前の信号を扱う「放送局の出口」とも言われる場所です。
1年目の私が実際に行った業務は「OA監視」や「速報の送出」、「延長対応」などで、設備保守以外のほぼ全ての業務を任せてもらっています!(運良く特番には当たっていません…)
マスターはテレビ局の中では珍しくシフト制で残業もなく、休み希望も出しやすいのでとても働きやすいです。休みの日は友達と映画を観に行ったり、夜勤前日は好きな海外サッカーを朝まで見たりしています。
マスターは他の部署に比べるとあまり知られていませんが、テレビ局にはなくてはならないとても大切な部署です。自分の判断がそのまま放送に直結することもあります。それだけにとても緊張感と責任感が感じられる部署だと思います!

一覧へ戻る