TACT REPORT

TACT’S REPORT「2022年度 新入社員研修」~vol.1 社内研修~

2022年4月1日TBSアクトに34名の新入社員が入社しました。カメラ・音声・照明・デザイン・・・新入社員の志望職種も様々ですが、新入社員研修は、「幅広く・奥深いTBSアクトの仕事」にふれてもらうことを目的とし、2か月の研修プログラムを社内で企画し、約300名の社員の協力を得て実施しました。

新型コロナウイルス感染防止のために、今年はオンラインとリアル(対面)を組み合わせた研修となりました。 11社157名が参加したTBSグループ合同新入社員研修を皮切りに、プロフェッショナルの先輩社員による「レジェンド匠講座」、「若手先輩との交流会」、同期とのチームビルドのためのワークショップなど盛りだくさんの内容が続きました。

その中で特に受講者から好評だったのは「音楽講習会&新入社員研修」です。TBS放送センターの大型スタジオで「映像・音声・照明の若手社員が音楽番組の収録に挑戦する」という恒例の講習会を、新入社員研修用にも配信するという初の試みです。 番組同様にリハーサルから本番までをレジェンドの指導のもとに若手技術者が体験している様子をZoom配信。「スタジオとサブで今、各担当は何をしているのか」を新入社員のために実況解説することで、それぞれの仕事の役割や制作の流れを学ぶことができます。 最後に同じ楽曲を若手に代わってレジェンドチームが収録。「歌番組はこうやって撮る!」という見事なお手本を目の当たりにして、新人からも感嘆の声が上がりました。

◆新入社員は配信で先輩方の動きと実際の画作りを学びました


◆若手社員も本番さながらの講習会に緊張の面持ち

一方リアルの対面研修では、中継技術の機材倉庫に行き、実際にカメラに触れ、中継車を見学する映像センター研修、東京スカイツリーの墨田送信所での研修、広大な緑山スタジオシティでドラマセットやレンタル倉庫の見学など、赤坂を飛び出して現場の空気感を体験することもできました。

~Vol.2 映像制作研修~へ続く。 更新をお楽しみに!

一覧へ戻る